読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタガキナシ

カタガキナシのオフィシャルブログです。

カタガキナシ

君は「ヤキューマン」を知っているか?夢のヤキューマン日本シリーズ計画

 

子供の頃、夢中になって遊んでいたおもちゃがある。

ヤキューマンである。

 

f:id:TachiTK:20170210163721j:plain

 

 

 

これがヤキューマンだ!!!

 

このおもちゃは1998年、トミー(現在のタカラトミー)から発売された。

手動で腕を後ろにセットし、頭頂部の天ボタンを押すと、ボールを投げたりバットを振ったりする、非常に単純なおもちゃだ。

写真のように巨人や阪神などの実在の球団のモデルもあれば、オリジナルの球団もあったりなど非常に種類が豊富だった。

さらに、巨人軍は長距離バッター、横浜は速球派のピッチャー、と言った具合に球団ごとに特性が設定されている。

このほかにも専用スタジアムなども発売され、実に様々な商品展開がなされていた。

いくつか商品を紹介しよう。

 

 

f:id:TachiTK:20170210165846j:plain

アクアキャッスルの宝箱 商品の詳細 ヤキューマン 9ターゲット攻略ピッチャー

こちらは限定のクリアボディのピッチャー。子供の頃こいつがお気に入りだった。

 

 

f:id:TachiTK:20170210170047j:plain

アクアキャッスルの宝箱 商品の詳細 ヤキューマン SYB-04ナイトホーネッツ

バットが剣になって、「史上初の二刀流!!」意味が全くわからない。

 

 

f:id:TachiTK:20170210171202j:plain

item.rakuten.co.jp

腕を4つにすることで、4球同時投げが可能に。完全に狂っている。

 

 

といった感じで、後半の方はよくわからない方向に行ってしまった感はあるが、

私を始め、多くの90年代生まれの男たちの心を掴んだおもちゃなのである。

 

・・・というとちょっと大げさになってしまう。

なぜなら、このおもちゃは当時そんなに流行らなかったからだ。

なので、現存するヤキューマンはある意味大変貴重なのである。

 

そこで、私はこんなことを考えた。

「世界各地で眠っているヤキューマンをかき集めてヤキューマン日本シリーズ開幕しよう!!!!!!!!!」と。

 

私は子供の頃、このおもちゃを一人で遊んでいた。流行っていなかったので、対戦する相手がいなかったのだ。

そんな子供の頃の夢であった「ヤキューマンで対人戦」を、大人になった今叶えたい。

この記事を見て共感してくれた諸兄らは、引き出しで眠っているヤキューマンを引っ張り出して待っていてくれ。いつか必ずやるぞ日本シリーズ!!!!

 

ちなみに私は先月実家に帰った時引き出しを確認したら、ベイブレードとともに全て消滅していた。

というわけで、ヤキューマン日本シリーズ計画は選手のスカウトから始まりそうだ。