読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタガキナシ

カタガキナシのオフィシャルブログです。

カタガキナシ

お先真っ暗闇なので、ポケモントレーナーで飯を食う方法を考えてみよう

 

f:id:TachiTK:20170220210836p:plain

 

改めましてこんにちは。たちです。

 

進路のこと聞かれると、やりたいことがはっきりとしていないので困ってしまいます。

もう22なので本格的に自分のやることを決めなければなりませんが、本当にこれといってやりたいことがないのです。

今改めて自分がやってみたいことを考え、その結果一つ思いつきました。

続きを読む

テスト

 

国境の長いトンネルを抜けるとテストであった。テストの底が白くなった。信号所にテストが止まった。
 向側の座席からテストが立って来て、島村の前のテスト窓を落した。テストの冷気が流れこんだ。テストは窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「テストさあん、テストさあん」
 明りをさげてゆっくりテストを踏んで来た男は、襟巻でテストの上まで包み、耳にテストの毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村はテストを眺めると、テストの官舎らしいテストが山裾にテストテストと散らばっているだけで、テストの色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「テストさん、テストです、御テストよろしゅうございます」
「ああ、テストさんじゃないか。おテストかい。また寒くなったよ」
「テストが今度こちらにテストさせていただいておりますのですってね。おテストさまですわ」

 

川端テス成